うつ病に特化した岡山県玉野市の職場復帰支援+再発予防施設

0863 23 4020
お問い合わせ アクセスマップ

ご利用者さまの声(No.41~45)

岡山県指定 うつ病リワーク Little Plusに通っていらっしゃる研修生の方々の声を掲載しています。生の声をご覧ください。

【うつ病でお困りの方】
見学や体験はおっくうかもしれませんし、不安かもしれません。
しかし、勇気ある一歩が、回復にプラスになるはずです。
自宅療養と通院だけではない、小さなプラスを提供します。

まずは見学に来てみてください。雰囲気を感じてみてください。
プログラムの体験ももちろんできますので、お気軽にどうぞ。
ご相談お待ちしております。

私がうつ病により休職したのはこれが2回目になります。

うつ病になる前は仕事の忙しさもあったのですが、失敗する事が多く、この仕事は向いていないと思いながらもとりあえず何とかこなそうと思って日々仕事をしていました。

初めてうつ病にかかった時は、気持ちとしては仕事を頑張ろうと思っていたのですが、体が全くついていかないという感じで、何故なんだろうとあまり納得できませんでした。
そのときは薬と実家での療養により半年以内に職場に復帰する事はできました。

しかし、今年になって再発してしまいました。
原因は復帰したてで無理をしたことだと思っています。

私がここにきたキッカケは主治医の紹介でした。

それまで自宅で一人で何とか体調を整えようと頑張ってきたつもりが、次第にやる気がなくなり、体調が不安定になり、そして最終的にはそもそも復職どころかまた働けるのかが不安になるまでに精神が病んでいました。

その後、主治医に薬を追加してもらい2週間後には少しずつ体調とやる気が復活してきました。
また、ちょうどそのタイミングで、ここの見学をしないかといわれました。
私としてはもう2度と休職したくないという思いから是非お願いしますと言い、見学する事になったのは1週間後でした。

ここを見学する前はコンクリート作りの病院のような施設を想像していたのですが、それとは全く違い、木造で居心地がよさそうに感じました。

今では一回目に休職した時点で来るべきだったと思っています。
それぐらいここは居心地がよく、またスタッフの方初め、研修生の方々が優しい人たちなので毎日安心して来れます。

研修プログラム自体も楽しいもの、あまり難しくないものからなっているので初めてやるものでもあまり不安なく出来ます。
また、ここに来てから日々体調的にも、精神的にも少しずつ良くなって行ってるのが実感できます。

今の目標は毎日ここに来てプログラムをこなす事です。

最終目標は復職ですが、ここに来た理由がそもそも再発防止のためです。
個人的には金銭的な面で不安があります。
ですが、薬を飲んで今の状態が維持できているという事、また、復職しようというタイミングが来るというアドバイスをスタッフの方からもらえたので、まずは少しずつやっていこうという気になりました。

ここに来ようか迷っている方、来なくても大丈夫なんじゃないかと思っている方もいると思います。
事実、1回目に休職した私がそうでした。
ですがまずは来てみたほうがいいと思います。
それぐらいオススメできるところです。
一度見学してみてください。

20代 男性

私は、診療内科に通院して約2年半が経過しました。
その間に休職/復職を繰り返し、現在は3回目の休職中です。

まずはじめに、リトルプラスでの「時間」は社会復帰へのステップとして非常に期待できる施設、システムだと思います。

以下、私の病歴について少し書きたいと思います。

■1回目の休職

おそらく急性期でしたので、自宅静養しておりました。

当時は記憶障害、パニック発作、酷い疼痛、車で走っている道順やウインカーの出し方すら分らなくなる程でした。発病前は、非常に忙しい日常生活を送っていたので、余っていた有休消化で3週間ほど静養しました。

その後すぐ復職しましたが、先述の症状からあまり変化がなかったので辛かったです。業務の調整や服薬をしながらなんとか約1年就業できました。

■2回目の休職/再発は突然でした

いつも通りデスクでオフィスワークをしていると、急に身体が悲鳴を上げて動けなくなりました。

様々な要因が重なった結果だと思いますが、急に全てのバランスが崩れたのだと思います。

帰宅前に嫁さんに電話で「これから帰るよ」と連絡するのが日課なのですが、その日は泣きながら「ごめん、もうだめだ。。。」と言って帰宅しました。

主治医も少し驚いた様子でしたが、徐々に減らしていた薬も元に戻し、静養することにしました。

今度は、自己流で運動、筋トレ、ボランティア活動を積極的に実施しました。

3ヶ月休職して、体調も整ったところで復職の許可がでました。

しかし、3ヶ月の休職、自己流のリハビリは少し短すぎたのかもしれません。

私には家庭があり、家族を支えるという思いから焦りがあったのだと思います。体調も良かったので「大丈夫です!いつからでも復帰できます!」と張り切っていました。

復職後、主治医の復職可能という判断ラインと、会社の求める役割/能力には大きなギャップがあることに気づき、愕然としました。復職後まもなく心身共に崩れ落ちていくのが解りました。あろうことか会議室で1時間も泣き続けていました。

■3回目の休職/上記の復職から1ヵ月後

1ヵ月程は、前回同様、自己流のリハビリを行っていましたが、前回と同じことをしていても結果は変わらないのではないかと思いました。

書籍などで見たことのある「リワーク」というシステムを主治医に相談してみました。

そこで「リトルプラス」を紹介されました。

最初は不安だったので、嫁さん同席で見学に行きました。玄関を入ると、非常に温かい「空気」を感じました。非常に心地よい場所だと感じました。

施設、プログラムの説明を受け、ここへ通えばスムーズに社会復帰できるんじゃないか、と感じました。

最初は、月水金の午前中だけの参加でしたが、徐々に参加頻度を増やしていきました。

やはり、人と関わる、プログラムへ取組む、考える、などといった行為は非常にエネルギーを使うんだなと初めて感じました。(元気なときは考えたこともありませんでした)

現在も体調には波があり、週末になるにつれ疲労が溜まってきますが、これもトレーニング!と自分に言い聞かせて励んでいます。

スタッフさんも、いつも気にかけてくれていることを感じることができますし、研修生の皆さんも接しやすく、同じような病気、症状を語り合えることはとてもうれしく感じます。

今までは「自分だけ苦しい」とばかり考えていましたが、リトルプラスにいると、なんだか素直な自分を表現できるようになれるような気がしています。

今回の休職+復職へのトレーニングは焦らず、じっくり自分と見つめ合いながら過ごしていきたいと思います。

30代 男性

研修生の声を書かせてもらうのは二度目になります。
最初はリトルプラスに通い始めの頃に書かせてもらいました。
そして約半年を経て、復職を間近に控えた今、またこうして機会をいただきました。

私がリトルプラスで得たものは数え切れないほどあります。

まず、共に語り、笑える仲間たち。
うつになって、一人で家にこもっていると、どうしても気持ちもふさぎがちで、考え方も暗くなっていきます。
周りに人がいれば、その手にすがることができます。
ましてや研修生は皆、同じ病で悩んでいらっしゃる方々なので、自分の気持ちに共感してもらえたり、逆に他の方の話を聞いて、いろいろ自分の知らないことを教えてもらったりしました。
スタッフの方々も親身になって悩みを聞いてくれます。
なにより、心置きなく話ができるというだけですごく気持ちが楽になりました。
そうして人と接することの楽しさを思い出し、日々、前に進むことができたと思います。

一日動けるための基礎体力をつけるために、ウォーキングや筋トレ、ダンスなどを行いました。
おかげで今は体力にも自信が持てるようになりました。
一人では始めることすら億劫でしたが、スタッフや研修生の皆と一緒に楽しくできたおかげで続けられたのだと思います。
そうして、今は体を動かすことの気持ちよさを知ることができました。

私が復職にあたって一番思い悩んでいたことは「うつの再発」です。

うつでの休職は今回で三度目でしたので、二度と再発したくないという思いはかなり強かったです。
そんな私にとってCBGT(集団認知行動療法)はとても有意義なものだったと思います。
特に「集団で行う」というのがよくて、周りの人から思いも寄らない視点を教えてもらって、同じ状況でも様々な見方が存在することを発見できました。
以前は無条件に落ち込んでしまうような状況でも、このような対処の方法がある、と学べただけでも大きなことだと思っています。

一つ一つ挙げていけばキリがないですが、私がリトルプラスで得たものには、自分一人では得られなかったものが本当に多いです。

もし私と同じように一人で悩んでいる方がいらっしゃったら、ぜひリトルプラスに一度来てみて下さい。
ここにいる研修生の皆さんはあなたと同じ悩みを抱えてる方ばかりで、スタッフも頼れる優しい方々です。
きっとあなたが回復する助けになると思います。

40代 男性

私は6月末からリトルプラスを利用させていただいてます。

通所前は人と話すことが苦痛になっていたので、ちゃんと通所できるか不安がありました。

しかし、いざ来てみると利用者の方、職員の方も私に親身に接してくださり、人と話すことの楽しさを思い出してきました。

また、ここでの様々なプログラムは、社会復帰した後の生活習慣にとても役立つと感じています。

ここへの通所を足がかりに、社会復帰への準備をしていきたいです。

20代 男性

私は6月末からリトルプラスを利用し始めました。

体験で利用した時は、1日居るとくたびれてしまったので、始めは午前中のみ、週に3回程度の利用から参加させていただくことにしました。

はじめは続けて利用できるかどうか不安でしたが、徐々に慣れてきて、週に4回出たり、時には1日利用することもできるようになってきました。

朝起きた時は「しんどいなー」と思うこともあるのですが、頑張って行ってみると気分がスッキリして、「ああ、来て良かった」と思います。

他の利用者の方となかなかうまく話せないこともありますが、時々、スタッフの方が声掛けしてくださったりするので安心して利用できます。

先日は、クッキングの時間に皆でパエリアを作って食べました。作っている時間も楽しく、また予想以上に美味しくできたので嬉しかったです。

復職にはまだ時間がかかると思いますが、頑張って毎日利用するところから始めたいと思います。

40代 男性

その他にリトルプラスをご利用の方の声を掲載しています。
ぜひご覧ください。

リトルプラスを利用し、復職または再就職を果たした方の声はこちらへ掲載しております。
こちらも併せてご覧下さい。

うつ病リワーク Little Plus