うつ病に特化した岡山県玉野市の職場復帰支援+再発予防施設

0863 23 4020
お問い合わせ アクセスマップ

ご利用者さまの声(No.51~55)

岡山県指定 うつ病リワーク Little Plusに通っていらっしゃる研修生の方々の声を掲載しています。生の声をご覧ください。

【うつ病でお困りの方】
見学や体験はおっくうかもしれませんし、不安かもしれません。
しかし、勇気ある一歩が、回復にプラスになるはずです。
自宅療養と通院だけではない、小さなプラスを提供します。

まずは見学に来てみてください。雰囲気を感じてみてください。
プログラムの体験ももちろんできますので、お気軽にどうぞ。
ご相談お待ちしております。

リトルプラスを卒業する事がせまって・・・

次のステップに進めて嬉しい気持ちもあるが正直かなり寂しいという気持ちがいっぱいだ。

ここは踏み台だと職員の方などに言われるが、私にとってはかなり思い出深く大切な所になった。
長い人生のたかが三ヶ月程度の出来事だったが、とても大切な時間を過ごせた。

初めは行きたくないとかこんなところに来ても意味がないと思っていた。自分は大丈夫。他の人とは違う。すぐに元気になりいつでも社会復帰出来ると思っていた。

しかし、通所していくと、みんななんて強いんだと思い、自分の弱さや情けなさがわかってきた。
それからみんなとプログラムをこなし、コミュニケーションをとるにつれて、行くのがどんどん楽しみになり、自分の大切なライフワークになっていった。

鬱になり人に自分の事などを話すのが嫌だったが、他の研修生やスタッフの方と話すとかなり楽になっていくのがわかった。
聞くのも楽しくなっていった。
赤の他人の事なのに、みなさんかなり親身になり聞いてくれて時には厳しい意見も言ってくれた。

そして、今卒業という事が決まっているが正直心配事はたくさんある。
再発の事、体力面の事、新しい職場での事。
しかし、ここで過ごし学んだ事があれば絶対という自信はないが大丈夫という自分もいる。
少し前の自分だったら、こんな事思いもしなかっただろう。

焦っていた私にスタッフの方が四路五動という言葉を教えてくれた。
止まるのもまた一つの動きと聞いたときとても心に響いた。
私はここに来て止まるという動きをしていたんだと気づかせてくれた。

人間、上下左右の動きは出来るが、止まると言う動きが一番難しんじゃないかと思った。
私はホントにここに来て止まるという動きが出来て本当によかった。
短い間だったが、色んな事を学び色んな考えを知ることが出来た。
この動きがあったからこそ復帰ができ、目標に向かっての行動が出来ると思う。

スタッフ、研修生の方には本当に感謝しかない。
私は卒業しても時々止まるという動きのためにここに来たい。
そして、刺激を受けたり刺激を与えられる事を伝えていきたい。

30代 男性

私がリトルプラスに通所し始めて、9ヶ月が経ちました。

ここに来て色々な体験をしました。
私は病状がそこまで重くないと思っていたのですが、それは間違いでした。
自分の病気に対して学ばなくてはならないことが、まだまだあると痛感しました。
このまま再就職したら、転職、転職の繰り返しの人生を送っていたでしょう。

しかし、このリトルプラスに来て、多彩なプログラムを経験し、連携機関の情報も豊富に得られ、自分がどう進んだらいいのか、うっすらとですが見えるものがありました。

自分の進む道は自分自身が歩むものですが、どの道を進むべきかを一緒に考えてくれる人がいる事は、贅沢なことなのだと思います。

ここに居る時間を大切にして、自分の進むべき道を見つけたいと思います。

20代 男性

私は、去年の4月からリトルプラスに通所しています。

もう、1年超えました。「早いなぁ~」という思い、「よく1年も通ったなぁ~」という思い・・・様々な思いがPCの前で錯綜しています。

さて、なにを書こう。

これが2回目の「研修生の声」になります。通所当時、最初は普通に動けていたのですが、5月頃から体調を崩し、来るのも億劫、玄関を開けるのも億劫でした。しかし当時の担当スタッフさんから「○○さん、しんどくても来てください。来て、横になっておくだけでも結構です。『何か見えてきますから』」と言われました。すごくイヤだったけど、家で悶々とするよりはマシと思い頑張りました。

結果、「あるもの」が見えてきました。それは書くと長くなるので割愛します。

ここで学んだことは自分の頭から入り、だんだんと染み込んできます。経験者は語るでしょうか?私の個人的な主観ですが、「うつ」は治らないものだと思っています。しかし、それを「コントロールする術」が染み付いた気がします。プログラムを受けることによって。

この1年は私にとって「かなり濃密な1年」となり、「人生の転換」な1年か?とも思います。

再就職はとても難しいです。いつも「復職組はうらやましいなぁ」と感じています。今もそうです。余談ですが、あと一歩で就職までこぎつけましたが、結局は破談になりました。「また1からか・・・」と思うか「ここまで回復したんだから、大丈夫!」と思えるか?この感覚と「これから」はとても大事です。まだ神様?が、ここで学ぶ事があるよ?と指針を示してくれてる・・・のかもしれません。

3回目の「研修生の声」を書く機会を頂けるのであれば「サクラサク」を書きたい。人生において結果&過程は大事・・・しかしそれよりも大事なのは「生きていく勇気と行動」だと思います。「行動すること」により自分が見えたり、考えたりすることができます。

リトルプラスはそれを具現化してくれる、大切な場所であると思っています。

30代 男性

私がリトルプラスに通いだして約二ヶ月がたちました。

まあ特にする事もなく過ごしていたのでいい気分転換になればいいかなと思っていました。病院の先生にいい負荷がかかっていいよ、言われていたのですがそんな負荷など仕事に比べれば軽いだろうと思っていました。

しかし毎日通い色々な事を自分たちでしていくことにびっくりして、かなりいい刺激と負荷がかかりとてもよかったです。

他の研修生とも最近はよく話が出来るようになりました。みんなかなり親身になり話や相談を聞いてくれます。スタッフの方もかなり適切なアドバイスをしてくれて助かっています。働きたいと焦る私に動かないことも一つの行動と言われた事がとても心に残っています。昔の自分ならそんなアドバイスは何も感じなかったの思います。

リトルプラスに通い一番思ったことは確実に昔の自分と比べて色んな意味で成長が出来たと思います。よくみんなは昔の自分と今の自分を比べて昔の自分は良かったと思うと思いますが、そんな事はありません。少なくとも私は昔の自分と比べてリトルプラスに通い始めた自分の方が確実に成長していると思っています。

私はここでまだまだ色んな勉強をし色んな人の話を聞くと思います。研修生やスタッフの方とバカ話などもします。その一日一日が復帰への近道だと思います。

絶対に人生無駄な事などありません。

卒業の頃には自信をもって働けていると思います。

30代 男性

私は1990年以来のうつ歴28年という大ベテランです。うつ病を完全に治そうというよりも、完治せずともいかに上手にうつと付き合っていくかが私の課題であり、こういった事を少しでも明確にしたいと思いリトルプラスに入所しました。何よりも一人で悶々としているよりも語らえる仲間が欲しかったのです。

リトルプラスに通所するようになってもうすぐ1年になります。当初は半年くらいで卒業できるものだと高をくくっておりました。ただ最初は無意識に張り切っていたのでしょうか、10月頃から調子を崩し3ヵ月程休みがちになり、あせりもありました。心が折れそうにもなりましたが、気楽にゆったりと構えて行こうと現在再び毎日通所しています。スタッフの方々にも最近になって、正直な思いを相談させていただくようになりとても救われる思いです。

様々なプログラムをこなすうちに自分の長所、短所 得意、不得意などが少しずつ明確になりスキルアップにもつながると思います。私は苦手なプログラムなどでは戦力になれず、役立たずではないのか?などと一人で勝手に思い込みの世界に陥って、一回調子を崩しましたが、今は「とりあえずその場にいればいいや」と割り切るようにしています。目標の設定値を「あくまで前向きに」格下げする様に努めています。

私は現在離職しており、年齢も50代になり、かといって元々やっていた業種の仕事に戻る気にもなれず、これから先の仕事のことを考えると不安感に襲われ、しょっちゅう夢にもうなされている状態ですが、今は自分なりにあらためて内面を見つめ直すことに主眼を置こうかと思っています。プログラムの認知行動療法によって自分では欠点だと思っていたことが実は個性だと分かったり、物の考え方ひとつで視界が開けてくる感覚にもなります。考え方を少しずつ修正することによって仕事も何とかなるのではないかという自信もついてきているような気がします。

リトルプラスは実験の場です。自分というものを強引に修正するというよりも、自分を知り、受け止めていくという方向に導いてくれるヒントを与えてくれます。一人でも多くの悩んでいる方々にリトルプラスの門を叩いてほしいです。

50代 男性

その他にリトルプラスをご利用の方の声を掲載しています。
ぜひご覧ください。

リトルプラスを利用し、復職または再就職を果たした方の声はこちらへ掲載しております。
こちらも併せてご覧下さい。

うつ病リワーク Little Plus