うつ病に特化した岡山県玉野市の職場復帰支援+再発予防施設

0863 23 4020
お問い合わせ アクセスマップ

ご利用者さまの声(No.56~60)

岡山県指定 うつ病リワーク Little Plusに通っていらっしゃる研修生の方々の声を掲載しています。

【うつ病でお困りの方】
見学や体験はおっくうかもしれませんし、不安かもしれません。
しかし、勇気ある一歩が、回復にプラスになるはずです。
自宅療養と通院だけではない、小さなプラスを提供します。
ご相談お待ちしております。

最初に見学に来た時に、自然に恵まれた環境に立地しており、良い環境だと思いました。

最初から毎日参加する必要はなく、自分のペースで進めていけばよいとのことでした。

スタッフの皆さんもとても親切に接して下さり、通所を決めました。

数十種類のプログラムが用意されており、リラックスして取り組めるものや、少し大変そうだと思われるものまで多彩なプログラムを選択して参加することができます。
一人でリハビリに取り組むことも可能ですが、こういう社会復帰を支援してくれる施設へ通ってみるのも良いのかもしれません。

社会復帰に向けて生活リズムを整えていければと思います。

30代 女性

私とうつ病との付き合いは9年になります。
その間、休職と復職を繰り返してきましたが、なかなか回復への道筋が見えませんでした。
長引くにつれ、病状が悪くなっているのではないかとも感じていました。

私は今まで様々な薬や心理療法をはじめ、うつ病からの回復に有効といわれていることを数多く試してきたつもりですが、自分に合うものに出会うことはできませんでした。

思いつく選択肢がだんだんとなくなってきた中、「自分と同じように長きに渡ってうつ病と付き合っている方々と話がしてみたいなあ・・」と思い模索していたところ、ある医師に紹介していただいたのがリトルプラスでした。

通所を始めて最初の2ヶ月は体調が安定せず、通所できない日もたくさんありましたが、不思議なことに3ヶ月目あたりから少しずつ体調が安定してきました。
私にとって同じ病と付き合っている研修生さんとの会話はとても有意義で、私の体調を安定に導いてくれているように感じます。
施設長をはじめとしたスタッフの皆さんもとても親切で、私のことも温かく見守ってくださっています。

ここでの貴重な時間を積み重ね、職場に復帰し、仕事を続けることができたらありがたいなと思っています。

40代 男性

リトルプラスに通い始めて、1年4ヶ月が経過しようとしています。
途中、調子を崩して、通所が難しい時もありました。

それでも、スタッフの方や他の研修生の方は、待ってくれていました。
たくさんの応援のお手紙をいただきました。
そう、一人ではないんです。
専門的な知識を有したスタッフの方のアドバイスや、同じような境遇の研修生の方々との何気ない会話。
リトルプラスでは、それが日常です。

部屋でひきこもっていたら、経験できないことです。
どれだけの勇気をいただいたかわかりません。

今、私は自分の気持ちや体調などについて、自分なりに分析し、まとめています。
そういったことができるようになったのも、リトルプラスに通っているお陰だと感じています。

プログラムに参加するだけで、積極的に主体性を持って取り組んでいく必要があると実感します。
スタッフの方は、あくまでも伴走者で、走るのは自分なのです。
自分の人生の主役は自分自身です。
自分で走っていくこと、その力をつけることが本当に大切だと感じています。
こう感じることができるのも、リトルプラスに通い続けていたからこそ、気づけたことでした。
つまずきそうになったら、手を差し伸べてくれるスタッフの存在があります。
安心してください。
あとは、一歩を踏み出す勇気だけです。
リトルプラスが掲げる小さなプラスをあなたにも。

40代 男性

リトルプラスに通うまでは、家でDVDを観ているか、病院に通うかしかありませんでした。
外に出て何かしようにも何をしていいのか分からず、結局、家でDVDを観ているだけの生活を送っていました。

会社から、「職業復帰支援施設に行ってみたらどうか」とアドバイスを受けても自分の中で「施設に行く」ということを自分自身なかなか受け入れることが出来ませんでしたが、病院の医師からも薦められたので「家の中に居てもすることがないので、いってみるか」と、半分イヤイヤ訪問しました。

今は、「リトルプラスが自分に適しているのかな?」と思うようになり、時間にあまり縛られることも無く、スタッフ・研修生とも話しやすく、また、こちらの体調を重視してくれること、その結果、楽な気持ちで施設に通うことができているいう事。

今、「うつ」で家に閉じこもっている方は、ここに来て一緒に話したりしませんか?
半分遊びのこころ(気持ち)を持って。

50代 男性

僕がリトルプラスに最初に電話してからもう1ヶ月が過ぎた。

今までも何度も繰り返しうつの波に襲われては会社を休んだり、辞めたりを繰りかえてしてきた。

うつの波が激しい時期に「これ以上は悪くならないだろう」と意を決して薬の種類や量を変えていろいろと自分に合ったものを試してみた。

何とか自分に合う薬を見つけ、体調が徐々に回復していく中でこれから先の事が頭をよぎった。
体調もいいのでこのまま就職するか、それとも・・・。

医師からも何となくは知らされていた「リワーク」。
そして、たまたまこの「うつ病特化型復帰支援施設リトルプラス」の看板の前を何度も往復する機会があったので存在自体は頭にあった。

自分には関係のないところだと思っていたが、今まで人生を考えると「今」体調がいいからと言ってもこれがいつまで続くのかという不安。
仕事をしていても気付いたらいつもうつの渦のど真ん中にいて、そこからは転げ落ちるように休職、退職。
そんな人生に嫌気がさしていた。

今までの「人生失敗続き」という想いから「もう失敗したくない」という想いもあり、リトルプラスのホームページを見た。
そこで一番に目に飛び込んできたのは「再発防止」の言葉だった。
正直「そんな事できるのか?」と思ったが、でも「今」がいいからと言って闇雲に社会に飛び出して行ってもいいのかという想いもありリトルプラスに電話をしてみた。
正直ドキドキしていたが、「再発防止」の言葉を信じて電話してみた。

実際に施設を訪れて青井さんとのお話の中で「僕は普通に仕事をして、普通に生活がしたいんです。」と話すと笑顔で「そのお手伝いをさせていただけると思います。」と言われた時は大袈裟かもしれませんが「ここから人生が変わるかもしれない。」と思いました。

今はうつの波も穏やかなので「毎日来る」事を目標に日々を過ごしています。
でも「今」はこれまでとは違い「確実に進んでいる」という実感があります。
確かにうつ病の再発の不安はゼロではありませんが、スタッフの皆さんや周りの研修生の皆さんに支えられて毎日を過ごせることに安心感と希望を持っています。

ここを卒業するのはいつになるかは分かりませんが、その時が来たときにこれまでの自分よりも少しだけ強くなれるように「今」を楽しくやっていこうと思っています。

40代 男性

その他にリトルプラスをご利用の方の声を掲載しています。
ぜひご覧ください。

リトルプラスを利用し、復職または再就職を果たした方の声はこちらへ掲載しております。
こちらも併せてご覧下さい。

うつ病リワーク Little Plus