うつ病に特化した岡山県玉野市の職場復帰支援+再発予防施設

0863 23 4020
お問い合わせ アクセスマップ

ご利用者さまの声(No.21~25)

      2016/09/12

岡山県指定 うつ病リワーク Little Plusに通っていらっしゃる研修生の方々の声を掲載しています。生の声をご覧ください。

【うつ病でお困りの方】
見学や体験はおっくうかもしれませんし、不安かもしれません。
しかし、勇気ある一歩が、回復にプラスになるはずです。
自宅療養と通院だけではない、小さなプラスを提供します。

まずは見学に来てみてください。雰囲気を感じてみてください。
プログラムの体験ももちろんできますので、お気軽にどうぞ。
ご相談お待ちしております。

私は妻と子供1人の3人暮らしのサラリーマンで、現在、休職しています。

昨年の9月から主治医の勧めでうつ病リワークLittle Plus に通所を始め、間もなく1年を経過しようとしています。

通い始めのころは「今の会社を辞めて絶対に転職してやる!」という気持ちでしたが、 いつの間にか「元の会社に戻る」気持ちが強くなり、現在、会社と交渉中ですが10月中旬に復職の見込みです。

この心境の変化の要因ですが、1番は「社会復帰を果した卒業生の方々の生の声が聞けたこと」ではなかったかと思います。

Little Plusでは社会復帰を間近に控えた研修生に意気込みや思いを語っていただく「卒業生講座」があったり、3ヶ月に1度のペースで開催される「OB会」で卒業生の近況が聞けたりします。

ここで聞ける話は、けっして病院や関係書籍では得ることのできない貴重なものと思います。

さらに、Little Plusを利用して復職した尊敬する先輩から、近況報告や助言を頂けたり、仕事の状況・ポジティブな考え方・時には弱音にも触れることができ、本当に復職へ向けて勇気をもらいました。

もちろん、スタッフさんや研修生といったLittle Plus関係者との日々の触れ合いも糧になったと思います。

特にLittle Plusでは、3人のスタッフさんの中から1名が専任して2週間に1度のコンサルタイムを中心に色々な相談ができるシステムがあります。

これは今思うと大変ありがたいものでした。

私は自分の心の内を晒すのが非常に苦手なタイプでしたが、私のペースややり方に合わせ適度にフォローいただきました。

時には厳しい言葉や激励を交え、まるで自分の親のように接していただき、ようやく復職へ向けて踏ん切りをつけることができました。

復職日まで後1ヶ月ほど残っていますが、悔いが残らぬようLittle Plusで出来るプログラムは全て実施する勢いでやっていきたいと思います。

正直、復職へ向けての不安は尽きませんが、家族をはじめとした応援してくださる人が多くいることを心の支えにして前向きに頑張っていきたいと思います。

40代 男性

私はLittle Plus 通所前、「自分のような状態の人は他には居ないだろう、自分がダメだけだ」などという思いが頭を巡り、苦しんでいました。

しかし、Little Plus に通所し初めて、他の研修生の方と話してみると、皆さん形はそれぞれ違えど同じように悩みを抱えていることが分かり、それだけでも少し気が楽になりました。

Little Plus では複数人で同じプログラムを行うことで、1人ではできないことが可能になり、「こんな考え方もあるのか」というような1人ではできない発見もあります。

プログラムも職場を想定した負荷をかける物から、時々息抜きのような物もあるのでメリハリが付いていて良いと思います。

プログラム以外でも、同じ悩みを抱える者同士で、近すぎない距離だからこそ相談できることも多く、色々な意見を貰って助けてもらうことも多いです。

また、クラブP、クラブLとプログラムの負荷の強度によりクラスが分けられており、症状の程度や復帰までの期間などにより、クラスの選択が可能です。

私は現在、規則正しい生活をして、毎日同じ時間に同じ場所に来る、という最低限の目標で通所している状態です。

通所だけして、プログラムに出るのが難しい場合はプログラムをパスして休憩や、他の事をすることもできます。

興味のある方はあまり考えずに気楽に見学、体験などしてみてはいかがでしょうか。

30代 男性

元々私は東京で仕事をしていましたが、職場異動時に上司が変わり、その上司と馬が合わなくうつとなってしまいました。

元々1人暮らしだったので、休職中に接するのは医師の方くらいでした。

そんな中、地元岡山へ一時帰省した時、ニュースを見てここリトルプラスを知りました。

東京で回復しようと思っていましたが、こういう施設がある事を知りこれがきっかけで実家での療養を決めました。

まず見学という事でスタッフの方に実際のプログラムの内容を見させてもらい、その後丁寧に内容を説明していただきました。

特に印象に残っているのが、正直当日までその日通えるかわからない、来れたとしても何も出来ないかも、と多くの不安があったのですが、一つ一つ答えて頂き不安感もなっていきました。

通い出して始めの間はあまりプログラムに参加する事が出来なかったのですが、参加していない間も、スタッフさんが気にかけてくれていたのが印象に残っています。

通い出しておよそ4ヶ月程となりますが、今ではほぼ毎日通う事が出来る様にまでなりました。

これからはプログラムの参加率を上げていければなと思っています。

30代 男性

リトルプラスに通い出して私が変わったかなと思うことは、まず落ち込みすぎないようになった、という事です。

自分の行動について、失敗した、とか悪いことのようにに捉えてしまいがちだったのですが、スタッフの方とのコンサルタイムで、自分の行動の良かった点を再発見することができました。

また、いまは不安感があったり、考えが空回りするような状態があります。
それに対して、少しずつ対処法を見つけるために色々なことを試しています。
プログラム内で行った事や、そこで知ったアイデアなどもあります。
例えば私は園芸療法や、ノートに書くことなどが合っているようです。

以前、家で休養をしていたときには変化がなく、自分で気分転換をすることもできず同じ事を考えがちでした。
リトルプラスに通うことで、外に出ること、話すこと、何かをすることが段々、抵抗無く出来るようになって来て、良かったです。

また、利用者とのおしゃべりの中で、不調や思うことについて共感を持てて安心しました。

同じ病気の人と知り合うことで、一人でないということが実感でき力になります。

体や心がついて来ない日もまだありますが、調子よく通える日を増やして行けたらいいなと思います。

不調やその日によって出来ないことに、リトルプラスには寄り添ってもらえる環境があり、ありがたく思います。

リトルプラスに興味を持たれて、通うかどうか迷われている方もおられると思います。
まず一日、見学に来られて雰囲気を感じてみるのもいいかと思います。
私も始めは「見るだけ」と思い、見学に来て見ました。

私のこの文章が、どなたかの状態を良いほうに変化するきっかけになれば幸いと思います。

30代女性

何をやっても上手く行かずに、希望を持って入った会社も半年で退職し、以前に通院していた病院の医師に相談しました。
相談すると、「今の状況で悩んでいるなら、リワーク施設があるから一度見学に行ってみたらどうですか?」と提案を頂き、リトルプラスに通うきっかけになりました。

最初は「そんな場所通って何ができんの?自分で何とかするわ。」と否定的な考えでいたのですが、ハローワークに行って再就職しても、また一緒の結果になり苦しい思いを繰り返すのではと思うようになり、一週間考えて、それで自分の悩みが解決するのならと、見学する事に決めました。

見学してみて、前向きに考えれる環境に思えました。
説明を聞き自分の為になるプラグラムもあるし、何故こうなったか原因を知るにはいい機会だろうと思い今に至ります。

リトルプラスに通うようになり、気分がしんどい日もありますが、プレッシャーに潰されて苦しい等は無いので、出来るかぎり毎日行こうと頑張っています。

また、学校に通う感じで、少し時間がかかりそうですが、集団認知行動療法などをしっかりと学んで、自己管理が安定して出来れば、元通りの日常生活が送れると思っています。

30代 男性

その他にリトルプラスをご利用の方の声を掲載しています。
ぜひご覧ください。

リトルプラスを利用し、復職または再就職を果たした方の声はこちらへ掲載しております。
こちらも併せてご覧下さい。

うつ病リワーク Little Plus

 - 利用者の声 , , , , , , ,

  関連記事

ご利用者さまの声(No.6~10)

ご利用者さまの声(No.6~10)を更新しました。ぜひご覧下さい。 毎日通えている方、週に数日の利用の方、午前中や午後のみの利用の方、さまざまな形で自分のペースに合わせて利用されています。 【うつ病で …

ご利用者さまの声(No.16~20)

岡山県指定 うつ病リワーク Little Plusに通っていらっしゃる研修生の方々の声を掲載しています。生の声をご覧ください。 【うつ病でお困りの方】 見学や体験はおっくうかもしれませんし、不安かもし …

ご利用者さまの声(No.11~15)

うつ病リワーク Little Plus みなさん「Return to Work」するために、努力を積み重ねていらっしゃいます。 return to happy life…のためにも。 研修 …