うつ病に特化した岡山県玉野市の職場復帰支援+再発予防施設

0863 23 4020
お問い合わせ アクセスマップ

私も推薦します

recommended

私は25年ほど前から岡山県南の玉野市で外科系の開業医をさせていただいています。

胃腸肛門の専門医である私は内視鏡や手術だけ行っている訳ではなく、地域のかかりつけ医として、患者さんのかかえる様々なトラブルに向き合ってきました。

怪我、風邪、癌、肺炎、痔、うつ病などありとあらゆる患者さんが来られ、一人一人の話に耳を傾けて学んだのは当たり前のことのようですが、「人間の心と身体は切り離すことができない」ということです。
実際に腹痛や頭痛など身体の不調の原因を突き詰めると、うつ病に代表される心の問題だったという人がいかに多いことでしょう。
色々な報告がありますが、「一般内科外来を受診する人の半数がうつ病である」と指摘する医師もいます。
胃潰瘍、喘息、関節リウマチなどはストレスなどにより心の調子が悪くなると、病気もそれにつられて悪くなる心身症として知られています。
まれではありますが「自分は今まで一度も風邪にかかったことがないんです」と言われる人がいる一方、一年中風邪の症状がぬけないと辛い思いをしている人もいます。
身体の何処かにできた癌や外部から入り込んだバクテリアが暴れ出せば、心は悲鳴をあげるし、気持ちが深く沈み込めば、体重が減り、抵抗力が弱くなった内臓に癌ができたりするのです。

昔、心の病は人に言えず、精神科にかかることを本人も家族も隠すような時代がありました。
そしてそのような風潮は残念ながら今も残っています。
こんな現状の中、自分ではうすうす「これは心の問題だろう」と気づいていながら精神科に行かず、私どもの病院を受診される方が多くなるわけです。

うつ病は何も特殊な病気ではなく、誰でもがかかる可能性があるありふれた病気(common disease)です。
「心の風邪ひき」と言われる軽いものから、自死を余儀なくされる重症のうつ病まで程度の差こそあれ、私たちの周りにはうつ病に悩む人が本当に数多くおられます。
この文章を読んでいるあなたも例外ではありません。
しかし、もしあなたがうつ病になっても決して絶望することはありません。
幸いにしてうつ病はきちんとした治療をうければ良くなるのです。
うつ病の治療の中心となるのは「薬物療法」と「行動療法」ですが、今まで日本には「行動療法」に力を入れる医療機関が少なく、薬による治療が主でした。

そんな中、暗く沈んだ心に差し込む光のように「リトルプラス」が誕生したことを、私は大変嬉しくまた頼もしく思っています。
晴れの国岡山県玉野市に3年前に開設された「リトルプラス」はうつ病の行動療法に本格的に取り組んでおり、うつ病で仕事ができなくなった人たちの多くが、「リトルプラス」に通所し、見事に職場復帰を遂げています。

今の日本で主流となっている臓器別医療は本来一つである人の心と身体を、脳、心臓、胃、骨、血液など機械の部品のように細分化して治療を行い、色んな意味で倫理的な問題を抱えてはいますが、移植手術に代表されるように今までは死を待つしかなかった患者さんたちの多くの人の命が助かるようになり、私たちに福音をもたらしました。
科学技術は凄まじいスピードで進歩し、人工知能や遺伝子治療は今までの私たちの常識を覆しつつあります。

いつの日か人類がうつ病を完全に克服する日がくるかもしれません。

どんな将来が私たちを待っているのかは分かりませんが、「どんな天才外科医のメスでも人の心と体を切り離せない」ことは変わらないでしょう。
私たちはこの真実を肝に銘じ、心身ともに健やかな日々を過ごしていきたいものです。

「リトルプラス」はうつ病に悩む人に素晴らしい今日という日を実感してもらうことで、社会を明るく照らしてくれます。

そんな人生の灯台のような「リトルプラス」に私は大きな期待をよせるものです。

平成29年8月吉日

玉野市医師会 副会長
中谷 紳

メンタル不調で休業した社員の方が復帰するにあたり、リワークが有用であることは以前から知られていました。
しかし、リワークを提供する施設の多くは大都市圏にあり、他の地域では施設が不足しているという状況にあります。
その背景の一つとして、専門の知識と技術を持ったスタッフが確保できないということも大きいと思われます。
そのような中、専門のスタッフを擁しリトルプラスが開所したことは、岡山にとって大変意義深いことでした。

産業医としてメンタル不調者の復帰に関わってきて、リワークの必要性について常々感じていたこともあり、実際何名かの方にリトルプラスでのリワークをお勧めしました。
ご本人の同意のもと、主治医や産業医とも情報共有をこまめにしていただき、非常に助かっております。
またご本人、職場、産業医からの要望にも丁寧にご対応いただき、大変感謝しております。

さて、メンタル不調者の復帰には、いくつかの乗り越えるべき山があります。
その山とは、(1)症状の改善、(2)規則正しい生活リズムと活動性の回復、(3)不調要因の振り返りです。

(1)症状の改善は、主治医の先生と本人に治療に専念していただき達成します。

(2)については、自分で訓練できればよいのですが、治療に専念して安静にしていたところから、自分一人で活動性を上げていくのはなかなか難しいものです。 主治医の先生にも診察時に生活指導等をいただいていますが、自宅での生活や訓練の様子は診察の場で把握しにくく限界があります。
リトルプラスではスタッフによる支援のもとで、数々の工夫されたプログラムに取り組むなかで適度にペースアップできるのが、魅力の一つと考えます。

また(3)不調要因の振り返りについても、職場、主治医、産業医ともに取り組んではいますが、リトルプラスでは臨床心理士等によるより専門的な相談を受けることができ、より不調要因が明確化できると思います。 これにより復帰に向けた具体的な対策が決まり、さらには再発(再休職)予防につながっていくと考えられます。 また不調要因を解決するための気づきを促していただいたり、ストレスへの対処法やコミュニケーション方法の指導も受けられます。
さらにリトルプラスでは復帰後のフォローも受けられ、より層の厚い対応が可能となっています。

なお、所在地が玉野市ということで、岡山市等からは離れているようにも思いますが、公共交通機関による通所も可能であり、通勤訓練にもなりますので、玉野市内の方はもちろんですが、岡山市内及びその近隣の方々にも是非利用していただきければと思います。

最後になりましたが、開所一周年おめでとうございます。
今後ますますのご発展を心よりお祈り申し上げます。

 岡山県 精神科産業医 

私は薬剤師という立場で、うつ病の患者さんと接しており、「この薬で治りますか?」という質問を受けることが多々あります。

私は、「薬は今の不快な症状を改善する手助けをしてくれるもの」だと答えています。

うつ病の患者さんは、心身の様々な不快な症状を抱えています。

薬は、不快な症状を改善してくれます。眠れるようになる、食欲がわく、痛みがなくなる、不安やイライラがおさまる、意欲が出てくる・・・

しかし、患者さんが本当に望んでいることは「不快な症状を改善し生活がしやすくなる」ことよりももっと先のことではないでしょうか。

「この薬で治りますか?」という質問には「以前の自分のように生活できるようになりたい」という患者さんの願いが込められているように思います。

うつ病によって仕事を離れた場合、「以前のように働きたい」と思うことはとても自然なことだと思います。

しかし、「休息」と「服薬」だけで復職までたどり着くのは困難です。うつ病の治療には、「休息」「服薬」に加えて、「環境」という重要な要素があります。復職に向けた「環境」づくりをしたいと感じたときは、リワークを提供する施設の利用をお勧めします。

このLittlePlusは復職を目指す方にとって素晴らしい環境だと思います。

通所するだけでも日々の生活リズムが整います。専門スタッフによる40種類以上の多彩なプログラムで心と頭と体をしっかり使うことができます。楽しむことを思い出させてくれるイベントもあります。悩みを抱えているときは親身になって支えてくれるスタッフがいます。志を同じくする仲間がそばにいます。 復職後もしっかりフォローアップしてくれます。

もし自宅と医療機関の往復の日々であるならば、もうひとつ居場所ができるだけでも、それが喜びになると思います。

現在利用を検討されている方は、まずは見学をされてみてはいかがでしょうか?

HPからも和やかな雰囲気が伝わってきますが、実際に足を踏み入れることで、より肌で感じられるのではないでしょうか?

「環境」を変えることに自分ひとりで悩まれずに、LittlePlusという場所で「ひとりではない」ということを是非感じてみてください。

岡山県 管理薬剤師