うつ病に特化した岡山県玉野市の職場復帰支援+再発予防施設

0863 23 4020
お問い合わせ アクセスマップ

社会復帰を目指す方へ

      2019/04/03

私たちリトルプラスはうつ病で困っている方の支援を行なっています。

そのゴールは人それぞれです。
もちろん一つのゴールとしてうつ病から回復し復職する。
再就職することもそのゴールにあたります。
そして、再発予防の観点からもプログラムを提供しています。

うつ病はただの悲しみではなく、とてつもなくしんどく心身ともに重くつらい日が続きます。
気分はもちろんのこと認知・思考や行動、身体反応にまで様々に影響が出てくる病気です。
仕事に行けなくなるのはもちろんのこと、様々な社会生活に影響が及びます。

投薬治療、心理療法などである程度の回復を行い、社会復帰するためにリワークリトルプラスを利用する方が多いです。

ひとりで悶々と考えているのではなく、同じ仲間そして専門職からアドバイスを受けながら、プログラムを受講しながら、社会復帰を目指します。

我々リトルプラスはもちろん万能ではありません。
ちちんぷいぷいでうつ病から解放されるわけではありません。
施設としてもとても大きいとも言えません。

しかし、精神科を長く経験した精神科専門医、医師や看護師、公認心理師、臨床心理士や精神保健福祉士など多様な専門職が連携してサポートにあたります。
卒業後(復職後、再就職後)のフォローアップも十分に行います。

日々のプログラムはもちろんです。
集団認知行動療法、SST、認知行動療法に基づくストレスマネジメントをはじめとして、リラクゼーションプログラム、擬似職場負荷トレーニング、Pre-Job、コンサルテーションの時間などなど40種類以上ものプログラムを専門職が提供しています。
主には科学的根拠のある実証されているリワークプログラムを用いています。
そのほか、季節を楽しめるイレギュラーイベントも充実しています。

また、大きな特徴でもある「自然の豊かさ」をフルに活かしています。
自然の中で癒えていくこと。オフィスやビルの中ではできないことです。

もう一つ大きなのは仲間の存在でもあります。
同じ病、同じような悩み事、同じベクトルを持つ仲間と出会えます。
一人では回復しきれなかった、集団での取り組みを通じて社会生活・自立した生活に必要なスキルとノウハウを再度取り戻すことができます。
「ああだよね」「こうだよね」「今日ちょっとしんどいんよね」
自然と対話できることもまたここリトルプラスの大きな特徴といえます。

そういう環境がここにはあります。

利用している方のたくさんの声をいただいています。
一部ですがご紹介します(原文まま)

ここに通い始めた頃は不安もありました。
毎日通うこともできませんでした。

ですが、プログラムを受けたり、他の研修生の方と話をしたりしていくうちに、自分がここにいてもいいように思えるようにもなってきました。

徐々に慣れてきて、毎日通えるようになってくると、乱れていた生活のリズムも自然と元に戻って来ました。

休職をしたときに先の事で不安な私に、声をかけてくれた研修生さんがおられました。

その時の事があり、今でも新しく来所された研修生さんにはいつも挨拶をするように心がけています。毎日、自分も実践するのは大変なことですが、継続の大切さをここで改めて気づかされました。

主治医は主治医で大切ですが、リトルプラスのスタッフは、一日中研修生の様子を肌身で感じてくれているので、自分自身が気づいていない事まで教えてくださり、驚くこともあります。

今まで自分がどんな人間なのか?そこに向き合うことなくただ単に過ごしていました。
それで先行きに不安になりそうな時には、ボーっとする時間の大切さをLittle Plusで学ばさせてもらいました。時には、立ち止まってでも自分と向き合い、今後を見定める。

そう、人生の主役は自分自身なのだと、その力をつけてきちんとスムーズな社会復帰を目指していきたいです!!

プログラムをいくつか経験してみて、今まで自分にはなかった考え方が出来るようになったり、他の利用者さんたちの意見も踏まえながら今一度「自分はどう生きていけば良いのか」「病気になった事を悲観する必要はない」と思えるようになりました。

リトルプラスには、同じ悩みを持った方がたくさんいます。

スタッフさん、利用者さんとともに楽しく、リラックスしながら復職への道を歩んでいこうと思える素敵な施設です。

自分は人に相談をするということが極端に苦手で、家族にさえも相談ができません。

しかし、リトルプラスのプログラムやスタッフさんとの話の中で自分の困っていることや仕事のことなどを相談できたと感じました。
これは私の中でなかなかない経験でした。

私はうつで休職をして以来、恐怖から仕事先へ連絡をとることができません。休職してしばらくは人に会うこと自体が苦痛でした。リトルプラスでは,同じ境遇の仲間がたくさんできました。いつも自分のことを気遣ってくれ、色々な話をします。
大変ありがたいことです。

まず、共に語り、笑える仲間たち。

うつになって、一人で家にこもっていると、どうしても気持ちもふさぎがちで、考え方も暗くなっていきます。周りに人がいれば、その手にすがることができます。ましてや研修生は皆、同じ病で悩んでいらっしゃる方々なので、自分の気持ちに共感してもらえたり、逆に他の方の話を聞いて、いろいろ自分の知らないことを教えてもらったりしました。

スタッフの方々も親身になって悩みを聞いてくれます。
なにより、心置きなく話ができるというだけですごく気持ちが楽になりました。

そうして人と接することの楽しさを思い出し、日々、前に進むことができたと思います。

そんな中、通院している病院の先生から紹介してもらったのが、このリトルプラスでした。
数日間の体験を経て通所を決め、自分にとっての小さな一歩を踏み出すことができました。

リトルプラスには、同じ様な苦しみを共有できる仲間や自分の思いに寄り添ってくれるスタッフの方がいます。

それ以前は、心が塞ぎ込み辛い毎日を送っていましたが、今はリトルプラスという安心できる「自分の居場所」があるおかげで、私は職場復帰という目標に向かって一歩一歩、前に進んでいるような気がしています。

私は通院している病院からリトルプラスを紹介してもらいました。

私は仕事をしていない期間が長かったので、もう一度社会復帰したいと思ってリトルプラスに行きました。人間関係や仕事の事などを学び直せるいい場だなと思いました。

最初は不安でなかなか行こうと思っても行けなかったのですが、いざ行ってみるととてもいい方ばかりでいい雰囲気でした。

リトルプラスのプログラムは多彩で、それぞれのしかけが上手に出来ていると思います。いろんなことを学んだり、身につけるきっかけを色んな角度から与えてくれます。プログラムを通じて、負担なくコミュニケーションできるようなしかけも工夫されています。

しばらく前回までのようにデイケアに通いながら悩み続け、このまま前回までと同じことを繰り返すのは無駄に思え、新たに家で何かをするにしても、何をどうするか方向性が見当たらず、今の自分に方向性を示してくれるのは、もうここしか無いと決断し、リトルプラスに電話して体験することにしました。

体験してみると、そこには復帰に向かって生き生きと課題に取り組んでいる人たちがいて、気軽に受け入れてくれました。
スタッフの方々は他愛も無い悩み事でも親身になって話を聴いてくださって、心が軽くなるのを感じました。

「ここなら、自信を持って復帰できるようになれるかもしれない。」という希望が見えました。

何度休職して自宅療養をしても全然良くならず、職場を替えたりもしましたが、休職はなくなりませんでした。

度々続いていることから、通院先の先生からこのような施設があることを教えてもらい、本施設を薦めてもらいました。

最初は新たな人付き合いに躊躇しておりましたが、通ってみると親しく接してくださる方が多く、現在ではグループワークも楽しく出来ております。
また、不調に関しても同じ境遇の方と話すことで心が軽く感じられます。

初めて玄関を入った時、行動出来たことに満足したのと同時にとても安心感を持ったのを覚えています。

以前は体調が悪い事も受け入れられず、施設に通う事にもとても強い抵抗がありましたが、通い始めて、明るいスタッフと利用者の方、充実したプログラムにとても満足しています。
今では施設に対しての思い込みもなくなり、こんな場所もあるんだと、新鮮な気持ちで毎日通所しています。

最初に見学に来た際にここでもう一度やり直したいと思い通うことを決めました。

仕事と人間関係に迷い、わからなくなった時に病院からリトルプラスを勧められ、背中を押してもらいました。

再び、社会復帰を目指すために自分の性格と人間関係の接し方など、色々と学んでいきたいと思います。

そして、将来的にはまた、働いて自立を目指していきたいです。

まず見学という事でスタッフの方に実際のプログラムの内容を見させてもらい、その後丁寧に内容を説明していただきました。

特に印象に残っているのが、正直当日までその日通えるかわからない、来れたとしても何も出来ないかも、と多くの不安があったのですが、一つ一つ答えて頂き不安感もなっていきました。

通い出して始めの間はあまりプログラムに参加する事が出来なかったのですが、参加していない間も、スタッフさんが気にかけてくれていたのが印象に残っています。

リトルプラスはまさにもう一度学校へ通い直しているような、そんな感覚です。
同じ境遇の方々と話ができるのはとてもありがたいことです。
自分が想像していたよりもずっとハードルは高くありませんでした。
その名の通りのまさに「少しのプラス」です。

通所を始めて最初の2ヶ月は体調が安定せず、通所できない日もたくさんありましたが、不思議なことに3ヶ月目あたりから少しずつ体調が安定してきました。

私にとって同じ病と付き合っている研修生さんとの会話はとても有意義で、私の体調を安定に導いてくれているように感じます。

施設長をはじめとしたスタッフの皆さんもとても親切で、私のことも温かく見守ってくださっています。

一部の声を抜粋して掲載しました。そのほかにもたくさんの声を頂戴しております。ご覧ください。

うつ病で困っている方、投薬だけではない回復を目指している方、再発予防を目指している方、復職や再就職を検討している方。
お役に立てることがあると思います。
お気軽にご相談ください。

4年前に岡山県民間初としてリワークを立ち上げて、述べ10,000人以上の方々に利用いただいています。
多くの方々が社会復帰を成し遂げました。
そして今でも再発予防のために学んだり交流したりしています。

それぞれの芽吹きに向けて@リトルプラス

あなたがもしうつ病で困っていれば、悩んでいれば、どうぞお気軽に。
回復の機会、復帰の機会をここリトルプラスで提供します。

医療法人春洋会 青井医院
うつ病リワークリトルプラス 代表 青井

 - お知らせ, スタッフブログ , , , , , , , , ,

  関連記事

【イベント情報】リトルプラス3周年記念イベント

【イベント情報】3周年記念イベント 2018年5月20日(日)にリトルプラス3周年記念イベントが開催されます。 時間は9:00〜15:00となっております。 対象は研修生と卒業生です。 今回は二部構成 …

粉から絵を描く

粉から絵を描く リトルプラス青井です。 本日のプログラムはパステルシャインアート。 思い思いにパステルを削り、粉にして、思い思いに描きました。 集中しながらも癒される体験。 それぞれの個性が作品に現れ …

7月15日は築港夜市へ

7月15日は築港夜市へ 来たる7月15日は築港夜市が開催されます。 宇野港のすぐ目の前にある玉野市築港商店街が開催場所となっています。 18時からとのこと。 以前よりお伝えしている無天茶坊も出店準備に …

【お知らせ】リトルプラスNEXT(2019年7月〜8月)

【お知らせ】リトルプラスNEXT(2019年7月〜8月) うつ病リワークリトルプラスです。 就労定着のための支援「リトルプラスNEXT」の2019年7月及び8月の日程をご案内します。 うつ病からの復職 …

擬似職場負荷トレーニングとプレジョブ

本日の一枚。 擬似職場負荷トレーニングとプレジョブというプログラムの一コマです。 グループだからこそできること、グループだからこその個々のスキルアップ。復職準備性の向上。 リトルプラスでは温かい雰囲気 …

うつ病から復職へ。集い

うつ病から復職と再就職を果たした方が集うリトルプラスネクスト。 先日も開催されました。 リトルプラスを卒業して2年経って仕事を続けている人、1年・半年経って仕事を続けている人、復職プログラム中の人、復 …

倉敷の工業力の凄さを

今日は「岡山各地で飛行機雲がたくさん観測された」との情報が入っています。 一日室内(井の中の・・・)の青井は、知る由もありません。 澄んだ青空に浮かぶたくさんの線。 外に出ないと見えないケシキはあるの …

読む・書く・ミツメル

みなさん、こんばんは。今朝は玉野市も雨模様でした。 庭の桜を見ると、新芽が一斉に芽吹いています。春ももうすぐそこでしょうか? 取材の写真撮影で笑いすぎた青井です。 今日は外部のお客様が多い一日でした。 …

心理教育PGを開始

心理教育を開始しました。 本日午後は心理教育のPGでした。 みなさん熱心に取り組まれています。 月末の3セッション目には主に睡眠について取り上げる予定です。 さて、午前は擬似職場負荷トレーニングとプレ …

復職者の声(Part.13)

うつ病リワークLittle Plusです。 本日は、数ヶ月間リワークを利用して復職を果たしたある卒業生からの声を掲載します。 この丁寧な原稿は、玉野こころの講演会でご本人が体験者発表としてお話しいただ …