うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

活動・日記

体内年齢=23歳という誤算

こんにちは。リトルプラス青井です。

今日はものすごーく私的なブログになりますが・・・お許し頂きまして。

実は、、、表題にありますように・・・

体内年齢が23歳でございました。やった〜!!

嬉しかったです。大変嬉しゅうございました。
8歳以上若返っているわけです。

嬉しい。。。誠に嬉しい。

もうねえ、自慢ですよ。自慢!

で、体内年齢ってなに?となったので、調べるとすぐに出てきました。

以下、タニタさんより。

体組成計に乗って一番ショックだったのは「体内年齢が実年齢よりも上に出たこと」というご意見をお聞きしたことがありますが、逆もしかりで、実年齢より体内年齢が若くでるとなんだか嬉しいものではないでしょうか?

体内年齢とは、
■基礎代謝の年齢傾向
■タニタ独自の研究による、体組成の年齢傾向
の2つの傾向から、測定した体組成が「どの年齢の体組成と近いか」を表現したものです。

■ここがポイント!
わかりやすく言うと体組成は、一般的に歳をとるにつれ筋肉量と基礎代謝が低下する傾向にあるので
「筋肉量が多く」「基礎代謝が高い」ほど、体内年齢は若くなります。

パナソニックや、オムロンの体重計にもこうした機能がついているようです。

ある程度の目安といわれようが、誤差と言われようが、嬉しいものは嬉しいのです。
もの凄く嬉しいんです!

が、ふと、ふと、我に返ったのです。

若返っていることを喜んでいるということはどういうことかと笑

そうですね、年を重ねているわけであります。歳を。

はあ・・・そうだよね、23歳の時に、体内は15歳ですよ〜!!と言われても???って感じですから。

我に返ることの重要性と必要性とKANASHIMIに直面した数分間でございました。

追記ですが、リトルプラススタッフの全員が若く見積もられておりました、体内年齢。

身体のセルフモニタリング。重要ですね。

23才と表示されたタニタの体内年齢測定器
TANITAサンだから正確!(ですよね?!ね?)

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi