うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

活動・日記

Japanese Mind;花火

「Japanese Mind;花火」

暑い日が続きます。蝉の抜け殻から、そして生命の果てるまでを、日々どこかしらで見つけることができます。

世間ではリオオリンピック一色?
体操男子、頑張りましたね!

金だけが全てではないと思いますが、しかし別格ですよね。

それに、先日は天皇の生前退位のお気持ちビデオが流されました。
11分間見てみました。

そこで、Japanese Mindってなんだろうかな?と考えてみました。

色々あると思うのですが、今回はJapanese Mind;花火
ジャパニーズカルチャーともいえるかもしれませんね。

花火。

先日の学ぶ会で花火を取り上げた研修生がいまして、
それに感化され、「よし、見に行こう!」と・・・行きました。
割と単純な脳細胞でしょう?単純と書いて、素直と読んで頂ければ幸いでございます。

花火、皆さん見に行かれましたか?

玉野は先日花火大会でした。なんでも30分で5000発を打ち上げたようで。なかなかやりますね、玉野市。魅せ方を変えてきましたね!

以下、恒例の写真で紹介シリーズです笑

岸壁に座る男性
港町、尾道にて
きらびやかに咲く花火
きらびやかに咲く
高く打ちあがった花火
高く高く!
黄色の花火
子どもの頃からのマインドでしょうか
白と紫色の花火
コンデジで撮影しました(さぼり)
淡く散った花火
散るという美学?
夕焼け空の下花火を待つ少年
Japanese Mind;花火
空に上がった一凛の花火
来年もまた!

どーんと打ち上がって、そして果敢なくも散る。
一瞬の喜びや驚きや、感動。
それだけのために、人が何千人、何万人も集まる。
それだけのために。です。

ありて医ですが、夏の夜をかざるあの数時間を皆、見に来るのです。
これってすでにカルチャーかと。
あるいはマインド。精神や心を体現しているなあと思ったんですね。

日本人としての精神やこころ。
花火と聞いて、胸躍ること。ワクワクすること。夏を想起すること。

いやいや、そんな難しいことなんて、花火の前ではこれっぽっちも考えていないわけですね。ただただ、「おお〜」と。
この、これっぽっちも考えていないことがすでに、それはマインドなのかもしれない。

我々の中にある当たり前の光景が、日本の精神、そして心そのものなのかもしません。

夜空に上がった花火

当たり前に思える日常が送れること。おくれていること。
帰りの渋滞で感謝と感動、それにJapanese Mind;花火を考えました。

おっと、小さいけれど、こんなJapanese Mindを懐かしむ場所もまだ残されていました。こういうものに懐かしさや安心感を覚えるのも、これもまたJapanese Mindなのかもしれませんね。

ピンに入ったサイダー
お腹いっぱい・・・
ビンに入ったミルクセーキ
よく飲んでいたミルクセーキに感動!!
ビンに入った様々なジュース
リトルプラスグリーンです

Japanese Mindにかこつけて、サイダーとミルクセーキをがぶ飲みしてみた青井でした。。。

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi