うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

活動・日記

話題のガラス県、富山へ〜

話題のガラス県、富山へ〜

こんばんは。リトルプラス青井です。

先日、富山県へ行ってきました。
新しい事業を開始するにあたっての視察研修。

今、話題になっていますね、富山県。
今日のヤフーニュースでは「富山の人は採らない」とか言った社長もいます。
私的には、富山の人、温かく感じたんですけどねえ。

みなさま、富山といえば?

白えび?キトキト寿司?立山連峰?富山ブラック?雷鳥やらホタルイカやら・・・

実はガラスも有名で、県としてもおしています!

突然ですが到着。
岡山県より車で約6時間。
意外とあっさりあっという間という印象です。

日本海の空
日本海の空

車で行ったのには訳があるんです。
電気炉を運んだんです。ガラスの電気炉。

著名な知り合いの方にご協力いただき、ガラスを学んできました。

学ぶというには短すぎる時間、2日間。
学ぶというより体験、イントロダクションという感じでしょうか。
しかし、みっちりとしごいて頂いた次第です。

こんな感じで。

ガラスを切る
ガラスを切るだけで楽しい
初心者風味全開

まずはガラスを切るところから。今回は吹きガラスではありません。

で、並べて、焼く!

文字にするとこんだけの作業内容なのに・・・うまくいかない。自分の中の理想とする完成像がなかなかできない。しかし、しかし、それもまた楽しい。なんというか、作っている最中に、なーんにも考えずとにかく目の前の透明のガラスに集中している、色のついた美しいガラスに集中している。こんな風にガラスを配置すると、こんな風にいい感じに出来上がるだろう、きっとね!なんて思って数時間後には、そうじゃないことに気がつきます。その楽しさ。売れる商品づくりではないし、プロでもなく、あくまで体験というスタンスですので、その楽しさもまた許されると思います。理想と現実。なかなか刺激的です。しかし、不思議ですね、理想と違っていても出来上がった作品?にはなんとなく愛着を感じるんですね。自分が作ったという思いがあるからなんでしょうね。もとに戻せないし!笑 やり直しのきかない世界(厳密にいうとそうじゃないらしいですが・・・)。それと、当たり前のようですが、同じものがないことも魅力の一つです。全て、表情が違う。作者の思いも違う。火の温度も、冷やす時間も違う。

PROの作品
PROの作品

ね、すごく綺麗でしょう?

これはプロの仕事です。

ガラス作品
いろいろな表情が魅力的

こちらもプロのお仕事。

とにかくいろいろな体験をさせて頂いた次第です。

あ、この写真も載せないと!

見た目はプロっぽいんですが・・・

バーナーワークといって、棒のガラスを溶かして、それこそ飴みたいに、くっつけて捻る。

熱するだけ、ねじるだけ、ということで私もチャレンジ。
プロのを見て、みようみまね。
ほんの数分のできごと!
うん、簡単そうです!
うん、できそう。

やってみました!

できました。

ガラスの残骸が・・・

ああ、、、無情なり・・・

ここでもまた理想と現実、そのギャップを味わいました・・・ああ

でも、こんなことでは折れません!

再度チャレンジ!

どうだ〜!

1回目よりも悪くなりました。

チャレンジ2回目。

よけい悪くなりました。

途中から、先生から「ああ、もうだめだあ〜」なんて感嘆のお言葉・・・

無情を4回やったので、もうやめておきました。

で、再度、先生のお手本。

・・・言葉もありません。
魔術師のように見えました。

以下、写真です。

信じて臨んだ1回目
先生、見守るなか
そうじゃなくて、こうね
失敗作をこねくる私
無情

ということで、ガラス。難しい。けど、楽しい。

こんな単純な表現でいいのか疑問ですが、いろいろなものを持ち帰ることができました。

持ち帰り、付け加え、また新しい形にする。人のためになるように。

これからも楽しみながら進んでいきたいと思います。

富山ガラス造形研究所とガラス工房GaZu
富山ガラス造形研究所とガラス工房GaZu

関わって頂いた富山県の方々、ありがとうございました!

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi