うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

プログラム

本日のプログラム

こんばんは。寒い日が続きます。
しもやけに悩まされている、リトルプラス青井です。

今日は、今日行なわれたリワークプログラムを簡単にご紹介しようかと思います。

まずは、クラブLから。
(リトルプラスでは、うつ病の回復段階や復職準備性などにより段階的にプログラムをこなせるよう工夫しております。
それぞれの段階に応じてクラブLとクラブPを用意しています)

クラブLでは、午前中SSTが行なわれました。社会技能訓練というものです。
日常の些細な出来事における対人技能、会社における対人関係を円滑に行なうスキルなどの向上を目指しています。
それを集団で、みんなで行ないます。
違った意見やアドバイスが聞けて参考になります。

午後は園芸療法
リトルプラス農園には、現在豆類が植わっています。それと花。
冬ですから、採れる作物も少ないのですが、今後春から夏にかけて収穫できる作物について会議を行い、どのように植えていくかなどを皆で協議しました。私、の大嫌いなニンジンも植えられる予定です・・・

クラブPの午前はリラクゼーション
例えば、呼吸法や自律訓練法、マインドフルネスのトレーニングなど、様々なリラクゼーション法の習得を目指します。
「持ち帰り可能」がリラクゼーションPGの軸でもあります。
ただ単に、リトルプラス内でリラックスすることも、もちろん大切ですが、家に帰って習ったことを試してみる。あるいは復職後に使える技法を覚えてもらうこともこれまた重要なことです。持ち帰り可能とはそういう意味合いです。
今日は、皆で「普段やっているオリジナルリラクゼーション法」についても語り合いました。

午後は、オフィスワーク
毎月のテーマに沿って、個人あるいはチームで研究を行ないます。学びを深めます。
例えば、歴史上の人物についてであるとか、岡山の歴史や魅力などについても学びます。
そして、学ぶだけでは終わりません。
学ぶ会という発表の機会を作っています。毎月1回、その研究を発表。研究を通して得た考察や気づきなども発表されます。
資料作成〜発表〜反省 これらを1ヶ月間でやりきります。なかなか負荷のかかることではありますが、職場復帰を見据えての負荷となるように思います。

とまあ、今日は午前午後あわせて4つのプログラムを実施しました。

その間にも、見学体験の方がお越しになっていました。

復職、再就職を目指す皆さんのお役にたてるリワークプログラムをこれからも行なって参ります。

精神科専門医から学ぶ「栄養療法」の様子
精神科専門医から学ぶ「栄養療法」での一コマ
  • リトルプラスでは、うつ病からの回復と職場復帰をサポートしております。
  • 施設の見学、プログラムの体験も受け付けております。
  • お気軽にお問い合わせください。資料請求も可能です。
  • 皆様のお越しを心よりお待ちしております。

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi