うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

プログラム

もしも・・・私が県知事だったら

もしも・・・私が県知事だったら

こんばんは。うつ病リワークリトルプラスの青井です。

突然ですが、みなさん、自分が県知事だったら何をしますか?どんな政策を打ち出しますか??

こんなテーマで今回、第28回目の学ぶ会が行われました。

「もしも・・・私が県知事だったら」

1ヶ月間、このテーマに沿ってチームで取り組み、今日はその発表です。
ネットや書籍で調べて探求し、形にして、プレゼンする。
結構な負荷がかかりますが、職場復帰を想定して、復職準備性を上げるための一種のトレーニングになります。

発表ですが・・・

いやあ、出てくる出てくる、種々のアイデア!すごいです。
しかも、どれも現実的な路線。
実行したら色々な効果があるんじゃないか?なんて思いました。
実現可能性も低くはないのでは?というものも・・・
聞いていてワクワクするものも多々ありました。

おしなべて言えるのは、より良い岡山を作るという共通の前向きなアイデアが多かったということでしょう。
自分が住んでいるところをもっともっと良くしようというアイデアに溢れていたように思います。
県知事にお見せしたい!

プログラムのスライド
ウインカーを出さない県・・・
プログラムのスライド
絵は手書きという凝りよう・・・
プログラムのスライド
新政策による経済効果を比較検討
プログラムのスライド
なるほど・・・
プログラムのスライド
たまの・・・きっともっと良くなるはず!
プログラムのスライド
空き家対策。喫緊の話題も

とまあ、アイデアを実際に実行することは県知事ではありませんのでできそうにありませんが、その立場を想像しながらの今回の取り組み。
見ている方も、とても強い刺激と学びになりました。

また、今回はチームでの研究〜作成〜発表でしたので、相手の良いところ、自分に取り入れたいところ、協力する姿勢、コミュニケーションスキルなどなど、一人ではなかなかできない色々な学びになったのではないかと思います。

こうした取り組みを続け、個人個人の復職準備性を高め、スキルを高め、余裕を持って職場へ復帰する、その一助になればと思います。

明日は、この学ぶ会の反省会も行われます。

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi