うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

プログラム

燃えるような紅葉?いいえ、カレーです

燃えるような紅葉?いいえ、カレーです

リトルプラスの裏庭では、燃える紅葉、燃ゆる秋。
美しいですね。

ワークルームの大きな窓から見える紅葉。
昼休憩に見るとほっとする景色です。

真っ赤な紅葉した木
燃ゆる秋

燃えるのは、紅葉だけではありませんでした。

今日は、クッキングプログラムの日。
月に1回のクッキング。
これもまた研修生が企画、買い出しを行います。
こうしたなにげないことも、社会復帰のいいトレーニングになると好評です。

ただのスープカレーではありません。
といっても、もちろんターメリック入りのライスを炊き、あとのせ野菜も調理してと本格的。
ただの、ではないのがこちら・・・燃えております。

想像しただけで・・・

どうですか?

裏庭の紅葉よろしく燃えたぎるレッド。。。スパイス。。。

こちら数種類のスパイスを混ぜ合わせた特製「Mスパイス」

練りこんでいきます。

スパイシーな香りで包まれます

もうこのスパイスだけで、食欲をそそる香りが部屋いっぱいに広がります。

こういうのもみなでワイワイいいながら行うととっても楽しいですね。

作業の分担をして、みなで調理を進めます。

あっという間に、そして時間通りにスープカレーが完成しました。

卵をゆでる
こちらでは具材の調理を
野菜の皮を剥く
自立のための訓練でもあります
野菜の皮を剥く
ちゃちゃっと
焼いたなすび
いい色です
テーブルの上に置かれた料理
色合いも良いです
黄色いご飯
黄色いご飯。こだわりです
みんなで盛り付け
みんなで盛り付けます
あたたまりますよ〜

どうですか?

美味しそうでしょう?!

さて、いただきます。

完成した料理を食べる
みなで食べるとより美味しい

私、Mスパイスを2杯入れましたが、とんでもなく辛くて、途中でスープだけを継ぎ足すという・・・これは相当に刺激的です。
中には3杯以上入れる人もいましたが、大丈夫だったのでしょうか。

調理、実食後はみんなでちゃちゃっと後片付け。
こういう一連の流れも、社会生活を送る上で必要なエッセンスが詰まっていると思います。

さて、午後からは外部講師を招いてのIMRプログラムと、集団認知行動療法(CBGT)が実施されます。科学的根拠EBMに基づいたプログラムです。
どちらも、うつ病からの復職と再就職、そして再発予防に大切なことを学んでいきます。8〜12セッションを3ヶ月かけてじっくりと取り組みます。

リトルプラスのいいところ

見学は可能です。
ご興味ありましたら、お気軽にお問い合わせください。

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi