うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

活動・日記

ストレスチェック義務化の後に

これは、簡単に言いますと・・・

*ストレスチェック制度とは、
*国が押し進めている制度であり、
*従業員50人以上の事業所に対して、
*2015年12月より毎年1回、
*全従業員のストレスのチェックを義務化

というものです。

なんのためかというと、厚労省では簡単に
「労働者が自分のストレスの状態を知ることで、ストレスをためすぎないように対処したり、ストレスが高い状態の場合は医師の面接を受けて助言をもらったり、会社側に仕事の軽減などの措置を実施してもらったり、職場の改善に繋げたりすることで、『うつ』などのメンタルヘルス不調を未然に防止するための仕組みです」と説明されています。

だいたいは以上のようなイメージです。
詳しくは厚労省のページで。
もしくは、こころの耳で。

労働者の健康を考えるとき、特に昨今ではメンタルヘルス、つまり精神的な健康という視点が重要視されています。

その第1歩として、国が出したのが「ストレスチェック制度」です。

このストレスチェック制度に関しては、様々な意見がありますが、この12月1日から施行されまして、50人未満の会社には今のところはですが、努力義務となっております。

労働者人口がどんどんと減少している我が国日本においては、従業者の精神的健康という問題・課題は避けては通れない道であります。

題目にあるように、ストレスをチェックした後の問題があります。

もちろん、精神の病にならないにこしたことはありません。
しかし、どうしても病気になってしまうこともあります。
そうした時の支援制度は整っているとは言いがたいのが現状です。
通院、服薬、休養だけでは、職場に戻るには不十分であるように思います。

Little Plus はそんな時に、頼りになれる場所でありたいと思います。

人との 社会との 接点を ふやす

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi