うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

活動・日記

キョウイクとキョウヨウとキョウラクと

リトルプラス青井です。

さて、最近ちまたをにぎわせている「ストレスチェック制度」について書いておきたいと思います。大変タイムリーな話題であります。

いやあ、ちょっと読みにくい題目ですみません。
Little Plus 青井です。

先日、岡山県看護協会の会長さんにお会いすることができ、
そこで教えて頂いた言葉です。

会長さんは長らく臨床をされており、もちろん看護師さんですが、最近まで大学で教鞭をふるっていた方であります。

温厚で笑顔絶やさぬ素敵な女性です。

現在、看護師不足が都市のみならず地方でも叫ばれています。
医師の不足同様に、看護師も、です。
その再就職に力を入れていらっしゃると聞き、我々としても何か力になれることが有るかもしれないと考え、ご挨拶に伺いました。
(途中で道に迷ったのは、内緒です・・・かなり迷った・・・)

お話をして、「いい取り組みをされてますねえ!」と激励頂きました。
お話は予定よりも長く時間を頂きました。ありがとうございました。

そのお話の中で、
精神的にしんどい方に必要なものという話しになり、会長は

「キョウイクとキョウヨウ」と。

私は頭の中で「教育と教養」を当たり前のように連想しました。

しかし違ったんですねえ…

真意はこうです。

「今日、行く場所がある(キョウイク)」
「今日、用事がある(キョウヨウ)」

です。

なるほど!
膝を打つほどに、なるほど!と合点。
たしかに、そうかもしれません。

しんどくて家で籠って、今日行く場所も、あるいは今日する用事もなくなっている。
そうした方に必要なのは、今日行く場所と今日の用事なんですね。

仕事をしていると、今日行く場所は「職場」です。
仕事をしていると、今日の用事は「業務」です。

うつ病等の精神疾患になると、それは、「休養」という言葉の元に、無くなってしまいます。
ただ家にいるだけになってしまう。
もちろん、自宅療養は必要なことです。

しかし、その時期が過ぎたなら(回復期)
それこそ、「キョウイクとキョウヨウ」です。
回復期だからこそ、必要になることだと思います。

リトルプラスはそうした場所です。
研修生の一人が同様のことを言っていたことを思い出しました。

その言葉にプラスするならば、キョウラクかなと思います。

「今日を楽しむ」ということ。

みなが笑顔で居られる、その一瞬だけでも笑顔でいられる活動を、これからも続けていきます。

今日行く場所と用事と「楽しみ」Little Plus
楽しむことを教えてもらう

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi