うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

プログラム

「門出」という名の施設外活動

皆様、こんばんは。
昨日今日とウットリしているLittle Plus青井です。
いま考えても、ウットリ。気もココロも、ウットリ。
別にお酒にのまれているわけではございませんよ・・・

ウットリする施設外活動を行なってきました。

「佐原農園 見学ツアー」です。

 

佐原農園さんには、いつもリトルプラスの園芸を手伝って頂いております。夏には、キュウリや、茄子、トマトなどを収穫できました。こんな記事もありましたね。今は、ブロッコリー、スティックブロッコリー、春菊なんかがなっています。いつもお世話になっています。

リトルプラスの園芸場所は、リトル(小さい)のですが、毎日研修生が水やりなどを欠かさず頑張っています。

10時15分に出発〜。14名で農園を目指します。

広井ハウスの中の道をチェックしながら歩く農園代表

佐原社長、ばりばりの岡山弁!佐原農園さんには、いつもリトルプラスの園芸を手伝って頂いております。夏には、キュウリや、茄子、トマトなどを収穫できました。こんな記事もありましたね。今は、ブロッコリー、スティックブロッコリー、春菊なんかがなっています。いつもお世話になっています。

リトルプラスの園芸場所は、リトル(小さい)のですが、毎日研修生が水やりなどを欠かさず頑張っています。

10時15分に出発〜。14名で農園を目指します。

農園に向かう車内
リトルプラスから20分くらいかな?

玉野市ならではの、海ぞいをドライブ。
私がドライブする助手席には、玉野に詳しい方が…
地名なんかも本当によくよくご存知で、勉強になります。

いやあ、快晴が気持ちいい〜!

到着しました。

片田舎というキーワードが、この時ばかりはいい響きになります。
広い空と、連なる山々。のんびりと散歩するとか、深呼吸したくなるようなそんな場所です。

佐原農園では、主にスイートピーを作られています。
エドワード朝のアレクサンドラ王妃もビックリ(https://ja.wikipedia.org/wiki/スイートピー)の、スイートピーの種類です。

ハウスの中を散策。

なんていうんですか?香りが・・・いい!
あの香りを表現する言葉を持ち合わせていない自分ですが、ハウスいっぱいのスイートピーの香りを胸に肺に嗅ぎ込んで、気分は、Happy!

それこそ、天然のアロマテラピーですよ〜。

鮮やかな色合いのスイートピー(品種はイタリアーノ)
右のは、「イタリアーノ」だったと思います
ハウスの中を見学する研修生
香りで充たされる体験
日本で唯一の色「シンデレラ」の品種のスイートピー
日本で唯一の色「シンデレラ」
丁寧に説明する社長さん
「こうやって弦をとるんじゃ」
ハウスに入る研修生
何度も出入りしてしまう魅惑ハウス
笑顔で説明してくれる社長
この笑顔に癒される方も多いのでは?

佐原社長によると、花の色によって香りが違うとのこと。
「え〜!そうなんですか?」なんて、それぞれの花を嗅いでいた研修生も。私もですが…

また、白いスイートピーに色を付けて行く作業も見学しました。
水を吸うことで、懸命に色を変えていく様が美しい。
2時間ほどの滞在で、見ると、本当に色が変わっています。

左右色の違うスイートピー
右がビフォア、左がアフター
綺麗に咲いた白いスイートピー
すごい技術ですね。色を変えられるなんて〜!

で、珈琲を淹れて頂いたり、番田芋(玉野でとれるこれまたスイートな芋)を焼いて頂いたり、なぜかカステラまで頂いたりと、ココロも胃も満たされてしまいました。

ベンチに座ってコーヒーを飲むスタッフ
スタッフ浅井くん、農園を堪能中?
包丁を使っているさつまいも
おいしいかったお芋さんです

芋やみかんを片手に、みなで談笑。

手に持った皮をむいだミカン
とにかく、とりあえず、食べる笑

で、予定には完全に無かった、収穫活動!
色々な野菜が、完全無農薬で育っているんです。それを収穫させて頂きました!
いやあ、ありがたいことです。

「おお!そりゃーちいせーけえ、もっとでけえのとられえ!」と岡山弁の教祖の様な社長のしゃべりで、とれたのがこんなの・・・写真をご参照ください・・・
いや、でかすぎる。料理しても数日もつなあ。

土から抜いた立派な大根
どうでしょう?!すごいでしょう

なってる野菜、全てがスケール【大】

「大根なんて収穫したことがない。ましてや土に触れる事もなかった。」なんて研修生の声も聞かれました。日光を浴びてのこうした作業は、最高の作業療法になるのではないでしょうか??

自ら収穫し、自ら料理し、自ら食べる。
現代人が忘れかけているこのなのかもしれません。
(自ら作ることの大切さも忘れてはいけませんね)

広大な畑を歩く研修生とスタッフ
根を張るということ
植えられた大根の前で観察する研修生
教え合うということ
植えられたキャベツを農家の方と一緒に見る研修生
協力と協同ということ
抜いた大きな大根
喜びを体験するということ
袋に入った立派なお野菜
ともに喜び合うということ
手に何本も大根をもって歩く社長
一生懸命になる・なれるということ

研修生の感想を一部。本当に一部ですが。
たった2時間程度で、こうした気づきや驚きが得られるって…

いつもと違うプログラムでしたが、いつもと違う感覚への刺激を受ける事ができました。

ハウスを見学させて頂いた後には、なぜか大収穫祭が・・・。珈琲とお芋やお菓子のおもてなしを頂き、視覚・嗅覚のみならず触覚と味覚でも堪能することができました。

ハウスの中で昼寝したいと思ったくらい、本当に心が安らぎました。
町中に住んでいて普段自然に触れる機会が少ないのでいい体験になりました。
芋、スーパーで買う野菜とは全く違う味がしました。

スイートピーの香りに囲まれ、とてもリラックスできました。良い体験。育てるまでに大変な努力が必要となるのだなと強く感じました。
いらっしゃった方も大変親切で、気になったことなども色々教えてくださったのが有り難かったです。

畑の野菜を気前よく分けて頂きました。畑の土を作り、植えられるように畝をそろえ、その手間を思って、じんと来ました。キャベツ、大根を撮らせてもらい、美味しく、有り難くいただこうかと思います。
帰りにスイートピーの花束をもらいました。かすみ草も入れて花束に!!
家に帰って落ち込みそうな時に見て、気分を和らげようと思います。

佐原さんも人柄が良くて、ジョークも交えて話す様は、明るく、花を育てる人は花のように明るい人間なのではと思わせる人でした。話を聞いて色々と感じるものがありました。

今まで経験できなかったことをリトルプラスで体験でき、人生のプラスになりました。これからのプログラムも積極的に取り組んで行きたいです。

日本で唯一の鮮やかなピンク色のスイートピーを見せて頂きました。
付加価値を持つオンリーワン賞品の開発に取り組まれているとのことで、農業も日々生き残りをかけて努力されているのを感じました。

丁寧に仕事をされている姿勢に感心致しました。

農園のみなさんの明るさと親切さに癒されました。

外に出て身体を動かして、リトルプラスのみんなで笑って笑って、朝まで会った胸のもやもやが、不思議と取れていったように思います。

最後には、スイートピーの花束のプレゼントまで頂いちゃって!!帰ったら早速家の玄関に飾って、家族にも幸せのお裾分け、したいです。

素敵な時間をありがとうございました。

一人でいるよりずっと楽しい事が広がるなと気づいたのも、今日来てよかった!と思ったことのひとつです。

外に出るっていいですね!スカッとしました!

以上の様に、みなさんそれぞれが、それぞれの感想を書いて頂きました。
いち支援者としては、ココロから喜ばしい感想ばかりで、嬉しくなってしまいました。

研修生のみなさん、お疲れ様でした。

スイートピーがたくさん入った花束
花束をありがとうございました!!
広大に広がる畑とハウス
田舎。だからこそあるもの

そして、ご協力頂きました佐原農園、佐原さんご夫婦、駆けつけてくれたお仲間の方々には、ココロより感謝申し上げます。
どうもありがとうございました!

ハウス前でくつろぐ佐原農園の方々
コラボレーション with 佐原農園
壁に絵かがれた佐原農園のさ
さ?!

さて、明日は研修生みんなに、「(大根とキャベツで)どんな料理作りました?」って聞くのがウットリ青井のお仕事になりそうです笑

スイートピーの花言葉は「門出」です。

スイートピーハウスのそばに咲く黄色の花
スイートピーハウスのそばで撮影しました

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi