うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

プログラム

みんながいるから出来ること(WRAP)

みんながいるから出来ること(WRAP)

集団の良さ活かし、集団だからことできることの一つに、WRAPというプログラムがあります。

リトルプラス青井です。

今日は午前中のプログラムでラップを行ないました。

ホワイトボードをさしながら説明する男性スタッフ
WRAP@Little Plus

再発予防には必要な要素がつまったプログラムです。
自身が不調になる切っ掛け(トリガーとも言いますね)やサインを理解しておくこと。
想定しておくこと。
これはセルフモニタリングの視点で健康を考えた際に必要で大切なことであります。

看護師・保健師の浅井さんが担当のプログラムです。

自分以外の意見を聞いたり、あるいは対処法を知ったり。
一人ではなかなか出来ないことではないでしょうか?
同じ病で苦しんでいるからこそ、シェアし合えるものがあるのではないでしょうか。

ラップの詳細については、過去に記事がありますので、ご参照くださいね。

資料やパソコンが置かれたテーブルでプログラムをする研修生
うつ病からの回復をサポート
メモ帳を開いてペンを持っている研修生
振り返りと対策をたてることも重要ですよね

一人で悩むばかりではなく、集団で考える。

きっと一歩前進できるのはないでしょうか。

壁に貼られたリトルプラスポスター
もう一人で悩まない

リトルプラスでは、うつ病からの回復をサポートし、職場復帰を皆で目指しています。

施設の見学、プログラムの体験も受け付けております。

お気軽にお問い合わせください。資料請求も可能です。

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi