うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

プログラム

コンセンサスを得る、その過程

うつ病リワークLittle Plus 青井です。

コンセンサス。意見の一致。
その過程での学びを重視しています。

なんのことかといいますと、リトルプラスのリワークプログラムの一つである、ファシリテーション講座での話です。

ファシリテーター、つまり促進役という立場を体験し、社会、会社に戻った際の即戦力になるようにという目的にそって、このプログラムを運営しています。

月に何度かあるこの講座。
今回も大いににぎやかになりました。

うつ病を経験した研修生が、集団内でのコンセンサスを得るまでの苦労や、得るまでの葛藤、得た後の学び。
色々に学びます。

こんな風に、みなで意見の一致をめざします。
「みんな違ってみんないい」なんて言葉もありまして、それはそれで大切なことなのです。
この”違い”を如何にまとめあげるか。
なかなか大変ですよ。

多数決ではない会議。
そして、皆が納得した結果となること。
大変難しい課題に取り組む訳です。

もちろん、最初から困難課題に挑む訳ではありませんので、ご安心くださいね。

紙に書いた意見を出し合う様子
意見がまとまることという体験
小さい紙に何かを書きこむ様子
そのためにファシリテーターができることとは?
コンセンサスと書かれた紙
さて、どうしましょう?
資料を並べて議論を交わす様子
ともに検討に検討を重ねます。葛藤を感じながら

こうした集団でのワークを通じて得ることはたくさんあります。

ワーク終了後の振り返りシートからも、それは伺うことができます。

社会に出てから、就職してから、そして復職してから。
そのスタートから役立つスキルの習得に皆が一生懸命に取り組んでいます。

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi