うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

プログラム

通所2ヶ月の変化を表現してみました

ということで、今日は写真を使った表現のひとつを。

リトルプラス青井です。
いくら温暖な岡山県といえど、外気温1度とかいう車の表示を見ると、冬まっただ中を感じられずにはいられません。
いやあ、寒い寒い!

これはある研修生が作ったデジカメ散策での作品です。

2ヶ月前までは、リトルプラスのドアを開けるので精一杯。

不安、恐怖、緊張・・・

それをこんな風に表現してくれました。
(掲載許可を得ています)

利用者が作成した様々なリトルプラス施設内の様子

もちろん、めまいがしているわけではありませんが、こんな風なイメージだったそうです。

いろいろと目には入ってくるけれども、それを集中して注意深くみたりできなかったり、、、

そんな中で始めたりリトルプラス内での活動。
徐徐にではありますが、変化があったようです。

それを表現したのが、以下の写真。

利用者が作成した様々なリトルプラス施設内の様子

物事にピントが合い、注意深くなったりして・・・

そういう心の余裕みたいなものが出てきたそうです。

リトルプラス内で履く靴を新調したり、マグカップを持ってきたり。

本人の中に新たな変化がうまれている、そんな印象です。

その変化が端的に、そして本人により表現された作品。
いいものを見ることができました。

数ヶ月後の作品が、また楽しみです。

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi