うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

プログラム

自分をSWOT分析してみる!?

みなさんはSWOT分析をしたことがありますか?

今回、研修生がプログラムの中で得たヒントを基にSWOT分析にチャレンジしていました。

自身のことを振り返り作成しています。

本来的には事業活動に使われるフレームワークの一つですが、実は自分自身にも利用できるものです。意思決定の際には、利用してみるのも一つの手です。

自分自身について・・・
以下の観点から見てみること。なかなか興味深い取り組みになると思います。

  • どのように強みを活かすか?
  • どのように弱みを克服するか?
  • どのように機会を利用するか?
  • どのように脅威を取り除く、または脅威から身を守るか?

ちなみに、SWOT分析ですが意味は以下のようになります。

SWOT分析(SWOT analysis)とは、目標を達成するために意思決定を必要としている組織や個人のプロジェクトやベンチャービジネスなどにおいて、外部環境や内部環境を強み (Strengths)、弱み (Weaknesses)、機会 (Opportunities)、脅威 (Threats) の4つのカテゴリーで要因分析し、事業環境変化に対応した経営資源の最適活用を図る経営戦略策定方法の一つである。
組織や個人の内外の市場環境を監視、分析しているフォーチュン500のデータを用いて1960年代から70年代にスタンフォード大学で研究プロジェクトを導いた、アルバート・ハンフリーにより構築された。

(Wikipediaより抜粋)

やはり個人にも利用が可能です。

しかし、これを行うためには、自身を常々モニタリングする必要もありますし、自身を棚卸しする必要もあります。あるいは、客観的な自身の状態や特性も把握する必要があります。心理的に安全な場所・環境において自身を振り返ったのちにできる作業なのかもしれません。その安全な環境のひとつにリトルプラスという場所があります。

資料をみせながら説明するスタッフ
LITTLE PLUS@OKAYAMA

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi