うつ病に特化した岡山県玉野市の 職場復帰支援 + 再発予防施設

スタッフブログ

活動・日記

何か始めるには最適な季節ですね〜

【画像多数】

花の香りに酔っている、うつ病リワークLittle Plus 青井です。

この季節いいですよね。暑くもなく、寒くもなく。
シャツ1枚だと朝夕は寒く感じますが、日中外で動いていると汗ばみます。
いい季節です。

こういう季節には、秋の夜長じゃないけれど、何か新しいことにチャレンジしてみたくなりませんか?

実は、私、チャレンジするものを密かに決めておりまして、○○○○でございます。
後々、ご紹介できるでしょうか…

新しいことって、勇気がいることですし、エネルギーも必要です。
何も、人が驚く、でっかいことじゃなくてもいいと思うんですね。
小さいことでも良いから、続く続かないを考えず、とにかく何かをやってみる。
新しい世界が待っているかもしれませんね!

さて、その新しい事で、皆様にご紹介したい私のオススメは、

カメラ です。

写真を撮る事です。
写真には、動画にはない、絵画にもない素晴らしいところがたくさんあります。
あると思っています。
難しく考えず、気ままにシャッターを切るでもよし、
構図とか露出とかあれこれ考えながらシャッターを押すのもよし。
作品にはひとそれぞれの個性が映し出されています。

今日はカメラの面白さを、自称カメラマン青井が簡単にご紹介します。
「カメラ始めてみようかな?!」って人が1人でも、0.5人でも、0.01人?でも増えてくれたら嬉しいです。

趣味と健康ってきっと関係があるでしょうからね。

研修生が企画立案実行した「花見@玉野深山公園」が今回の素材です。

満開に咲いた深山公園の桜
押すだけでこれ!
青々と茂った樹々
歩きながら押すだけでこれ笑
下から空とピンクの花を撮影した場面
空とのコントラストを狙いましたが…
下から空とピンクの花を撮影した場面
こちらは露出を+2.0くらい
満開に咲き誇る桜の木
構図もへったくれもございません、きままです
桜の前で写真に写るスタッフの男性
ハイコントラストにした白黒(スタッフ浅井さん)
モノクロで撮影した桜の大木の足元
上ばかり眺めていてもいけませんね、地に足つける
こちらはソフトフォーカスでぼんやりと撮影した桜の咲いた広場
こちらはソフトフォーカスでぼんやりと
ピクチャエフェクトの機能で撮影した桜の木
ピクチャエフェクトって機能。こちらもカメラ任せ
山道を降りていく研修生の後ろ姿
ポスタリゼーションというやつだったかな?
様々な草花の咲いた広場
ポジフィルムに似せた感じで。彩度を上げています
池に浮かぶたくさんのカモ
これもカメラの機能だけで。トイカメラ風
桜の花をアップで撮影した様子
これはかなり作為的ですが
桜の花をアップで撮影した様子
露出上げて、前ピンです
桜の花をアップで撮影した様子
絞り値は解放F1.8
満開に咲く桜と遠くに見える山
絞り値を絞って、望遠で
敷地内で立っている研修生
赤色だけを抽出。朝飯前です
石段の上で休憩する研修生
こちら、ミニチュア風という機能
空に浮かぶ不思議な色の雲
不思議な色の雲が出現していました
土の上に落ちた様々な種類の花びら
押しただけ笑
空と満開に咲いた赤色の花
モクレンが誠に美しかった。桜だけじゃない、春

そして、最後に・・・

自身が植えた桜の木の下でポーズをとる代表
青井です・・・自分が植えた桜!風のポーズで

以上、どうでしたでしょうか?
ちなみに、全ての写真は、デッカい一眼レフカメラではなく、ソニーのコンパクトデジカメです。もう数年前に発売されたものです。

一人で撮影に行くのもいいものですが、
今回のように、みなと一緒になって、同じ被写体を誰がどんな風に撮影するのか。そんなこともカメラの楽しみ方ですね。

お花見企画も研修生が一生懸命に頑張っていました。
施設内での治療的プログラムだけではない、外出してのある意味では治療的要素の詰まったプログラムも行ないます。
今回の企画も好評だった事が、一日の終わりに記入してもらう研修生日誌から窺う事ができました。

銀色のシートの上でUNOをする研修生
桜の下でUNO…意外と愉しいものです!

いい季節です。

みなさん、何か新しいこと、始めてみては如何でしょうか?

この記事の投稿者

PROFILE

http://マイクを持って案内をする青井代表

公認心理師・臨床心理士・精神保健福祉士

青井 洸

Kou Aoi